教えて!私でも利用できますか?

申し込み条件を満たしていれば利用可能


カードローンを選ぶ場合に、申し込み対象となる条件に適っているか、商品概要書などで確認をしましょう。
年齢は20歳以上でないと申し込みができません。また、大手の消費者金融や信販会社の場合は、貸金業に分類され、自分で収入を得ている方でないと限度額の設定ができないので、専業主婦やアルバイト等をしていない学生は申し込めません。中小の消費者金融の中には、学生専用ローンや、配偶者の許可を得て利用ができる配偶者貸付のサービスをしている所もあります。
銀行の場合は規定がありませんので、配偶者に安定した収入のある専業主婦であれば、申し込みの対象となることもあります。しかし、学生の場合はアルバイトをしていても認めない場合がありますので注意してください。年金生活者の場合も、収入があると見なして申し込みを認める所も多いです。

申し込みをする前に借入診断を受けること


自分が審査に通るか心配であれば、できれば申し込み前に簡単な借入診断ができる金融機関を利用するといいでしょう。債務整理をして一定の時間が経過していない方や、収入等の基準が満たない方であれば、審査通過が可能と思われる表示が出ませんので、時間を無駄にすることがありません。
サイトに年齢や結婚をしているかどうか、職業や保険証の種類、他のカードローンの借入の金額を入力するだけで、簡易的な診断ができます。他社の借入額が多い、4社以上の借入がある場合は診断結果が難しいことが予想されます。
事前の診断で借入可能と表示されても、自営業やフリーランスの場合は、安定性に劣ると考えられ、審査が難しい場合があります。パートやアルバイトと派遣社員のような非正規雇用の方、専業主婦の場合は、限度額を低く設定されることもありますので、希望した金額に満たないこともあるでしょう。